クレジットカードについて押さえるべき基本的な考え方

クレジットカードとは文字通りクレジットできるカードということです。 クレジットとは「信頼」や「信用貸し」を意味する英語で、カード会社とお客さんの「信頼」により発行され、カード会社による一時的な貸し付けが可能となるカードです。 買い物をする際に、カードを提示することによって、カード会社が支払いを肩代わりしてくれます。 そして、後日購入した店舗ではなく、カード会社に支払いをします。 支払い方法は一回払い、複数回払い、リボルビング払いがあります。 クレジットカードはどこまでも際限なく利用できるというわけではありません。 利用可能額というものがありますが、それはカードによっても、利用者によっても違います。 利用可能額を超えれば、支払いが済むまでそのカードを利用することはできません。 クレジットカードには有効期限があります。 有効期限があるといってもそのカード会社で利用できる期限が定められているわけではありません。 有効期限が近づくと更新という形をとります。 新しいカードが郵送されてきて、それまでのカードと同じように利用することができます。 始めに書いたようにこのカードは「信頼」によって成り立つカードです。 従って、その信頼が損なわれることになれば、カード会社よりカードの利用を停止されることがあります。 例えば支払期限までに支払いができないことが何度もあったりすると利用を止められることもあるでしょう。 その判断基準はそれぞれのカード会社によって違いますので、一概には言えません。

アコムのクレジットカード(ACマスターカード)もキャッシング機能が付随しておりますので、事前にお申し込みしておくと、いざという時にすぐに利用できますね!