お金が足りない!?突然の出費にクレジットカードでお金を借りる方法

突然の出費に対応するために、お金を借りたいという時がありますよね。 そんなときはクレジットカードを持っていると、そのカードでお金を借りることができます。 クレジットカードでお金を借りる方法は、クレジットのキャッシング枠を利用します。 クレジットカードには、もともと通常のクレジット機能であるショッピング枠があります。 ショッピング枠とは、クレジットで買い物できる金額の限度額を表した数字で、例えばショッピング枠を20万円と定められているなら、20万円分の代金をクレジットで決済できるというようになっています。

そして、クレジット契約の際に、ショッピング枠とは別の機能をもつキャッシング枠というものも付帯させることができます。 このキャッシング枠を付帯させることで、クレジットを使ってお金を借りることができるようになるのです。 キャッシング枠もショッピング枠同様に限度額が決められており、その金額の範囲でお金を借りることが可能です。

すぐ借りたいときには大変便利です。 ただし、キャッシング枠で定められた額はショッピング枠よりも大きくなることはなく、ショッピング枠の一部をキャッシングに当てるという仕組みになるでしょう。 ちなみにキャッシング枠はクレジット契約後に付帯させることも可能ですが、契約時に付帯させておいた方が面倒がありません。 用がなければ使わなければいいだけですので、付帯していることで困るというようなことはないでしょう。 キャッシングは本当に必要な時にだけ活用するようにし、返済計画を立てた上で借り入れするようにしてください。


クレジットカードの種類を知ろう

クレジットカードでお金を借りる前に、まずはクレジットカードの種類と使い方を知って比較してから、選びましょう!
クレジットカードの種類にはその分類方法によって、さまざま分けることができます。 まず、スタンダードカードとゴールドカードがあります。 スタンダードカードは標準的なカードで、定職につき一定の年収があれば作成できます。

年会費も安いことが多く、ショッピングなどの決済機能にキャッシング機能が付き、カード会社による一定のサービスが付加されるタイプです。 これに対してゴールドカードは、一定額以上の高額収入がある方などを対象にしており、年会費も高めの設定が多くなります。 国内外の傷害旅行保険の金額がスタンダードカード会員よりも高く設定されたり、ワンランク上のサービスが付帯されます。 まだ就業していない学生のための学生向けカードも存在しています。 高卒以上の18歳以上の学生が対象で、ショッピング機能がメインとなり、利用限度額も小さ目で、キャッシング機能は付けられないか、アルバイト収入がある場合に限り極少額が付保されます。 また、家族カードという制度もあります。

収入がない配偶者や同居のご両親、18歳以上の子供など、単独では審査が通るのが難しい方であっても、家計維持者のメインカードに家族カードを付けることで、各人がショッピング等でカードを使えるようになるものです。 カードは1人1枚発行され、家族1人目までは年会費も無料というお得なケースが多いかもしれません。 そのほか、クレジットカードの種類としては、デパート系、航空会社系、金融機関系、専門店系など申込先別にオリジナルのサービスが付くものもあるでしょう。


パソコンでお金を借りる方法とは

急な出費があってお金が足りないときなど、お金を借りることを検討するとき、どのように申し込むかということになります。 まずは、来店して申し込むという方法もありますが、来店することに抵抗がある、または来店するための時間が取れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、そういったお金が足りない場合も今は来店せずにお金を借りることができる便利なサービスがありますので、それを活用してみるのもおすすめです。 パソコンを使って、融資を受ける方法は特に注目されていますが、まずはどのように行うのか調べておきましょう。 パソコンから申し込める融資といえば、カードローンやキャッシングという方法があげられます。 もちろん来店でも申し込みができますが、インターネットを通じれば、近くに店舗がない場合もすぐに申し込みができますし、審査も融資もより迅速に行われることもメリットです。 キャッシングやカードローンの場合は無担保融資となっていますので、保証人や担保を用意する必要はありません。

安定した収入のある方で成人の方なら、お金が足りないときに基本的に誰でも申し込むことが可能です。 公式サイトでは簡易審査も行えますので審査に自信がない方は事前に簡易審査を利用しておくと良いでしょう。 インターネットからの申し込みでは必要事項を入力し、それを送信したあと、審査結果を待つこととなります。 そして審査がクリアできたら、本格的に申し込みを行い、その後融資を受けることができるというのが一般的です。 来店ではないので、その場でお金を受け取るというわけにはいきませんが、指定の口座へ振り込みが可能ですので、いつものようにATMでお金を引き出せるようになり、早ければ即日から融資が受けられるようになっています。